004

YUZUKI NAKAMURA

中村 柚稀(2015年入会/チアダンス)

STORY

中村柚稀01

みんなのまえで、おどるのが大好き!

――なぜ、スタイリーにはいりたいとおもったの?
おねえちゃんが、おまつりのステージでおどっているのを見て、たのしそうだったし、かっこよかったからです。「わたしもやりたい!」とおもって、スタイリーに入りました。
――スタイリーにはいって、よかったとおもうことは?
きれいないしょうをきて、たくさんの人のまえでおどること。きんちょうしたことは1どもありません。おとうさん、おかあさん、おばあちゃんは、はっぴょう会に、まい年見に来ます。「きれいだったね」「すごかったな」と言ってくれてうれしかったです。
中村柚稀02

ゆめは、スタイリーをせかいいちにすること

――わざができなくてたいへんだったこと、ある?
ブリッジからもどることや、ターンがむずかしかったです。パージャンプをしたら「足のつま先がまがってるよ」とおねえちゃんがちゅういしてくれました。このときは2しゅうかんくらいかかったけど、がんばってなおしました。たくさんれんしゅうしても、たのしいからつかれません。
――しょうらいのゆめをおしえて!
おねえちゃんみたいに、せんばつクラスに入って、センターでおどりたい! 大会に出て、金メダルをとりたいな。きれいなダンスができたら、見ているみんなもうれしくなって、えがおになって、はくしゅしてくれるはず。スタイリーがせかいいちになって、ゆうめいになったらいいなとおもいます。
中村柚稀03